なごみさんのさくじつ小説は、晴れて深く

なごみさんのさくじつ小説は、晴れて深くて底まで透明に見せ、水際には花びらが漂う日が差している湖のようです。静かできれい、闇はないが、落ちと、抜け出ることができない、沈む深い池です。